ブラインシュリンプ


今日はかなり寒い1日でしたね。

平成22年の4月にもこんな日があったそうで。

あんまり記憶にございませんが(^^;;


さて、今日は私なりのブラインシュリンプの沸かし方をご紹介します。

先ず準備する物(画像なくてすいません汗)

①ペットボトル(2リットル)×2
②発砲スチロール箱×1
③エアーストーン×1
④ヒーター×1
⑤一方コック×1

先ずは発砲スチロール箱の蓋にペットボトルが入る穴を開けて中に水を張ります。

それから中に約28℃に設定出来るヒーターを入れ先ほどの蓋をします。

ペットボトルに約2%の塩水を入れブラインシュリンプの卵を1リットルあたり3g入れます。

ペットボトルの準備が出来たら発砲スチロール箱にセットしてエアーで攪拌させます。




ライトを当てると孵化率が上がるらしいです。

こんな感じで置いとくと20時間から24時間後にはブラインが孵化します。



これを分離器にて殻とブラインに分ける訳です。

この分離器も自作してみました。






これはペットボトルの底をくり抜き、キャップに一方コックをつけて上から吊るした状態です。

この自作分離器に先ほどのペットボトルの中身を移してしばらく放置し分離したところで一方コックを開くと分離出来ます。


ちなみに漉すのはこれ





ドリップコーヒーの漉し器です。

100均にて購入出来るのでオススメですよ〜


こんな感じで夜な夜なブラインを分離させ与えています。

因みに発砲スチロール箱を使うのは保温の為です。


みじんこを与える方がいいという考え方もありますが、供給量や生産性、効率を考えるとブラインシュリンプの方が安定して与える事ができます。

ただブラインシュリンプは24時間生きてはいけません。

その辺、みじんこの方が24時間いつでも捕食できます。

飼育者の環境によってやり方が変わると思いますので参考までに。


今度の金曜日には2回目の選別を行います。




ブログ村に参加しています。
最後にポチッとして頂ければ励みになります。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きみ玉さん

こんばんは。
いろいろ参考になりますね~。
私は、準備これからなんですが、繁殖までにやることがたんまりあります。
産卵床のボンボンも作らないと…。

kingyoman13

kingyoman13さんコメントありがとうございます(^_^)

専用の品はいいのでしょうがやはり高い(^^;;

作れる物は自分で作るが私のモットーであります笑

玉さばもそうなのかもしれません。

今年も楽しみにしてますよ( ´ ▽ ` )ノ

No title

きみ玉さん..こんにちは♪(^_^)

ウチも専用の機器は高くて買えないから..^^;
自作して工夫してるものが殆どですし...
ブラインの濾過も..きみ玉さんと全くの同じ!^^
100均のフィルタードリップ式ですよ~^o^;アハハァ~

かずぱぱさんコメントありがとうございます(^_^)

いつもコメントできなくてすいません(^^;;

やっぱり安く抑えられる所は抑えたいと考えてしまいます(^^;;

まぁ自作だからと言ってそんなに劣るとは思ってませんし、何か作るのが好きなのでいいのですが笑
プロフィール

きみ玉

Author:きみ玉
2015年に埼玉から青森に移動。理想の玉サバ作出を目指す!

玉サバ掲示板
玉サバや金魚画像を自由に投稿しよう
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR