FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2腹目稚魚 50日目

皆さんこんばんは(^_^)

きみ玉、実は遅かりし盆休みで21日から三連休でした。

しかし、21日には妹が地元から来襲。22日は用事があり、要約今日の午後から金魚の水換えやら、飼育場の整理などなど、ちょっと疲れ気味なきみ玉です(^^;;

そんな中、今日は2腹目の稚魚でも。

7/4に孵化して本日で丁度50日目。

適当に掬ってみました。



1腹目に比べると同じ日数でも1回り、2回り小さい(^^;;



数が多いのはもちろん、餌のくれかたが甘かったと反省してます。

これからどんどん飼い込んでいきます。

そんな稚魚を見てふと思った事が。

上から見た時に腹が横に出てるのはもちろん、横から見た時に、"詰まった菱形"になっている個体ほど、縦に丸く出るのでは?と思いました。

今後も注意しながら観察して見ます。

横の動画です↓




にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きみ玉さんこんばんは(^o^)


素晴らしい稚魚達ですね
大きさがバラけてますのでおっしゃる通り餌が少なかったことも考えられますね


金魚は基本的には雑種なので、同じ血縁同士の交配をしても体形やその他の形質もその親により分かれてしまう場合は多々あります

このような場合大きさや体形別に分けて飼う事が基本なのですが、好みではない体形の稚魚をを飼うことは設備やコスト面で大変だと思います

ただ、将来各体形の稚魚がどのような体形に成長するのかかが解り、狙いの体形のみ残すようにすれば今後効率良く飼育出来ると思います

基本金魚は雑種ですので、純粋種の犬やその他の動物のような基本的な遺伝の法則を当てはめて考えることも大切なのですが、必ずしもそうではないと思った方が良いと思います

同系や近親交配を数年行っても確立は上がりますがやっぱり他の体形や資質の個体も沢山出ます

鮒に近いサバ尾ですら様々な体形が出て来ます、丸い玉サバになればそれ以上…

私は初年度玉サバと並行してらんちゅうを交配しましたが、新しい遺伝子を持つらんちゅうは更に厳しい選別が必要で一腹で良魚は数匹残れば良い状況なのです

そんな事も念頭に交配を行うと金魚はもっと深い面白さを味わうことが出来ると思います



つよ玉





つよ玉さんコメントありがとうございます(^_^)

2腹目は今度の休みにある程度減らさないといけないなぁと思っておりました。

飼うのにもやはり限度がありますし(^^;;

交配に関しては、金魚ほど難しい生き物はいないという意識でいますが、何より経験がかなり薄いきみ玉です(^^;;

インブリ等の論理だけに固着する訳ではないでが、少しだけでも知識として持って考えながらやって行きたいと思っております。

もう今年の当歳を見ながら来年の交配を考えている気の早すぎるきみ玉です(^^;;


プロフィール

きみ玉

Author:きみ玉
2015年に埼玉から青森に移動。理想の玉サバ作出を目指す!

玉サバ掲示板
玉サバや金魚画像を自由に投稿しよう
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。