スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンジブロック

皆さんはどんな濾過を使い室内飼育されていますか?

私はこれ


↑エーハイムの外部フィルターです。

何故外部フィルターなのかというと、まずは静かだという事。
上部やオーバーフローの様に落水音はあまりなく、室内に置いてもあまり気にならない。
それに密閉型ですので濾過自体から匂いがしない所が気に入り使っています。
見た目もなんかいいですし笑

ただ、良く外部フィルターはゴミ箱になりやすいという事を見聞きします。

この表現はある意味的確で、使い方次第なんだろうと思います。

今日は外部フィルターがゴミ箱にならない為のアイテムであるエーハイムの「スポンジブロック」の紹介です。


先ずどの様な物かというと



この青いのがスポンジブロックです。

その名の通り素材はスポンジで、物理濾過として使います。

このスポンジブロック。大きさは60cm×50cmで厚さは5cm。

これを使用する水槽の大きさに合わせカットします。


↑カットしたスポンジブロック


これをストレーナーの手前にセットします。



こうする事により餌や大きな糞はスポンジブロック手前で止まり、外部フィルター内部に持ち込む量を大幅にカットできます。
そうする事でフィルター内部にスラッジが溜まりにくく、またろ材の目ずまりが抑えられ、メンテの期間を伸ばす事ができます。

そしてエーハイムによるとこのスポンジブロックにはある程度の時間が経過するとバクテリアが住み着きスポンジブロック自体が物理濾過と生物濾過の両方を機能する事が出来る様です。

また他サイトや使ってる人によると、1年近く動かさず設置しても問題は無い様で、コスパ的にも申し分無いですね。

スポンジブロックは外部フィルター以外でも、上部フィルターのストレーナー手前やオーバーフローの落水パイプ手前にセットして使う事が出来る為、設置環境を変えずに済むというメリットもあります。

しいて言えばその見た目ぐらいですが、時間が立つと緑色の壁になりあまり気にならなくなります。


金魚は代謝が良く糞を大量に出す観賞魚ですから、物理濾過は何よりも大切です。
生物濾過内にスラッジを溜め込むと水の状態を崩したり、病原菌の温床になる事があります。

そういう意味でスポンジブロックは有効な手段の一つであるときみ玉は思います。





最後にポチッとして頂けると励みになります
にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

休日とかき殻とキングマット

今日は週1回の休み。

私仕事は大型家財の宅配ドライバーなのですが、台風の日に配達出来なかった分、その後が忙しくなり帰りが遅くなっていたせいか、今日の起床は午前11時。

本当はもっと早く起きて用事を済ませる予定が、午後までずれ込んでしまいました。

週末も台風到来らしいし…

本当、台風嫌いです(~_~;)

ただ、後5日頑張ればいい事があります。

そう。今年初の新潟入りです。

実は、今年の11/2は第8回玉さば品評会なんですが、今年はどうしても抜けれない用事があり、参加出来ません。

出品しなくても行きたいなぁと思っていたんですが…

11月中旬の新潟入りを目論んでいたんですが、たまたま10月に連休になり、だったら今年は2回行こう‼︎という気持ちになり、10/16に新潟入りすることになりました(^_^)

予定を合わせて頂いた方々には感謝しております。

そんなこんなでそれまで必死に頑張っているきみ玉ですが、今日この前頼んでいたかき殻が到着。

今回は30キロを超格安で手に入りました。

それを収穫袋なるネットに入れて水洗いをし、前回空っぽだった濾過槽へ。



リングろ材と一緒に入れてます。

かき殻の効果をネットで調べてみると、色々な事が書いてありますが、今回きみ玉の目的はphの安定。
かき殻はphが酸性に偏ると、水に溶け出し、弱アルカリ性にしてくれるようです。

少しでも水質が安定してくれればと思っています。

そして物理ろ材に使用してるのがキングマットという大判のウールマット



これ、サイズが60cm×40cmというまさにキングサイズ‼︎

これが私の近くのショップでなんと税込113円‼︎

ウールマットは消耗品ですので、この価格はありがたい。

濾過器に合わせてカットして使えますのでオススメです(*^_^*)

キングマット+かき殻で当分様子を見てみます。

最近なんだか玉さばより水を飼っている様な気がして来たきみ玉です(^^;;



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

珪酸塩白土

昨日、配置換え時にオーバーフロー水槽へソフトシリカを投入。

その投入後の様子



白濁してて、中の様子がいまいち見えません(^^;;

それで今日帰ってきた様子が



素晴らしい‼︎

この透明度‼︎

通常この時期の水は安定せず、水換え後は濁った様ないやぁな水になり易いのに…

実は、私、ソフトシリカは去年の暮れに購入してました。

きっかけは去年の12月。錦鯉で有名な養鯉場に玉さばを見に行った時にそこの親父さんに「これいいよ〜」と勧められたのがソフトシリカ。

その時は水槽に直接入れて使っていましたが、底に溜まるのが見た目的に嫌で、使っていませんでした。

今回は目の細かいランドリーネットに入れて使っています。


そこで、自分なりに色々調べてみました。

そもそもソフトシリカとは会社の社名。
正式名称は”珪酸塩白土”という土。
地質名称的には”軟質多孔性珪化珪酸白土”というらしい…長いですよね(^^;;

この”珪酸塩白土”は農業や園芸、畜産などの分野でも広く使われており、水質•土壌浄化やミネラルの補給などの効果があるようです。

また、水の活性化にも効果があるようです。

珪酸塩白土にはコロイド粒子が豊富に含まれており、このコロイド粒子がイオン交換をする事により、水中内の不純物を浄化する作用が有るようです。

また、ミネラルが水中に溶け出し、ミネラルを豊富に含んだミネラル水を作りだすようです。

この様に素晴らしい効果を発揮するまさに”魔法の土”にも注意点があり、塩との併用はイオン交換作用により吸着した不純物を水中に戻してしまうみたいです。

まるでゼオライトみたいです。

というか、ゼオライトと同じ様な物です。

詳しくはソフトシリカ株式会社のホームページをご覧下さい。

文章だらけになったので最後に動画でも




是非とも皆様お試しを。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村




きみ玉的水槽飼育思考〜濾過〜

偉そうなタイトルからスタートしました「きみ玉的水槽飼育思考」。

あくまで私の水槽飼育にての考えを記録として残す為の記事です。
色々考え方が有ると思いますが、聞き流す程度で見てください。
マジレスはご勘弁を(^^;;

今日は濾過について。

濾過って色々あってある意味選ぶのに苦労しますよね(^^;;
外部濾過や上部濾過。底面濾過やオーバーフローなどなど…
挙げたらきりがない程です。

それぞれにメリット•デメリットがあり、これが一番いいっていうのはなく、あくまでもそれぞれの飼育環境に適した物を選ぶべきだと思っています。

基本はあくまで水換えなのでしょうが、コスト的にも金魚の為にも、毎日水換えをするのはまた違うと思っています。

となるとやはり濾過に頼るしかないわけでして…

そこで大切なのはどんな濾過器を使うかというよりも、水をどの様に持たせるかという事を先に考え無ければならないと思います。

やはり当歳初期は水換えを頻繁にして、身体を作ることが大切だと考えるならばそんなに濾過器は要らないと思うし、親魚を健康的に飼う事が重要だと考えるならそれなりの濾過器に頼るしかありませんよね。

唯、どんな濾過器でもやはり定期的なメンテは大切ですし、まして金魚は大変水を汚しますから、日々の濾過器のメンテは他の観賞魚と比べるとこまめにやらなければならないでしょう。

しかし、仕事などをしてるとそう上手く出来ないのも事実ですし…

そこできみ玉的に大切だと考えるのは「物理濾過」です。

私もそうでしたが、最初濾過について考える時はどうしても「生物濾過」に注目しがちですが、物理濾過で糞などをこしとる事によって生物濾過の負担を減らし、より一層濾過の能力を上げる事が出来るのではないかと最近考えております。

そこで色々調べてるうちに気になった記事がありました。
水槽環境における物理濾過
外部や上部フィルターの物理濾過

勝手に引用してすいません…

この方はディスカス飼育をされている方なのですが、金魚にも共通する所が有ると思います。

私がこの前から稼働させている流動濾過は生物濾過です。
確かに汚れが溜まりにくく、ろ材に飼育水をエアーによって充分当てる事によりバクテリアの活動を活性させる事が出来る様ですが、それも物理濾過があってこそ。

もし物理濾過がなく、そのまま飼育水をろ材に当ててもバクテリアの負担が増す一方で充分な機能はしてくれないでしょう。

そういう意味では物理濾過こそ充分にしていれば、生物ろ材のメンテが楽になり、水の持ちが良くなると最近思うきみ玉です。

最後にメイン水槽の様子



この前の流動濾過設置から昨日3/1水を入れ替えしました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
プロフィール

きみ玉

Author:きみ玉
2015年に埼玉から青森に移動。理想の玉サバ作出を目指す!

玉サバ掲示板
玉サバや金魚画像を自由に投稿しよう
カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。